性病の症状一覧

性病の症状のみを掲載してます。詳細な説明はリンク先で確認してください。

性病の症状一覧

クラミジア

男性の場合は、感染してから、大体1~4週間で症状が現れて、尿道が赤くなり軽い炎症を起こします。また、排尿時に軽く痛みを感じるときもあります。治療をせずに放置をしておくと、睾丸が膨れ上がる副睾丸炎や前立腺が炎症を起こす慢性前立腺炎になったりします。
女性の場合は、感染してから大体1~4週間で症状がでますが、症状が表れるのは極めてまれで、症状がでたとしてもクラミジアが原因だと特定するのが難しい場合があります。症状としては、おりものが増えたり、下腹部痛、排尿時に痛みが伴ったりします。治療を受けずに放置すれば、子宮や卵管などに炎症が起こり、不妊症、腹膜炎などになります。

淋病

感染してからの潜伏期間は、3~7日で急激に症状を表してきます。男性の場合は、尿道炎、尿道から黄色い膿がでたり、排尿時に激しい痛みを伴います。放置していると、前立腺炎など重症になることもあり自己治癒はありません。
女性の場合は、子宮頚管炎を起こしたり、排尿時に痛みを伴います。男性に比べて自覚症状が軽いためわかりづらい初期症状となってます。淋病を放置しておくと子宮頚管炎が悪化して、子宮内から卵管内へと広がり、不妊症の原因となる場合もあります。

エイズ(HIV)

エイズの症状は特に無く、HIVウィルスによる免疫不全にて通常の免疫力ならまず発症しない様々な病気(カリニ肺炎など)になってからエイズに感染していると発覚することが多々あります。

梅毒

梅毒の症状には4段階あります。
第一期の症状がでるまでに潜伏期間があり、感染してから約3週間ぐらいすると第一期の症状が出始めます。
第一期は、3週間目~3ヶ月の間で、性器に赤い硬結ができ潰瘍へと変化していきます。特徴として、痛みがないという特徴があり、傷口からトレポネーマを多く含んだ液体がでます。2ヶ月ぐらい立つと自然と症状はなくなり、第二期へとうつります。
第二期は3ヶ月~3年の間で、体のあちこちにかゆみのない斑点が現れたり、股の付け根のリンパ節が腫れたり、発熱、倦怠感、関節痛などの症状がでる場合がある。斑点は様々な形のものがあり、特定の形を持たないというタチの悪さが特徴です。第二期の症状も感染から2年ぐらい経つと自然となくなりますが、梅毒の細菌トレポネーマは体内で目立たず活動を続けています。
この第一期と第二期までは、他人への感染力が強い状態にあり、第三期以降は感染力は低下していきます。
第三期は3年~10年の間で、症状も多岐にわたっています。様々な器官にゴム腫がでたり、麻痺、性的不能、呆け、梅毒疹、などが、体のあちこちに現れます。
第四期は10年以上で、臓器に腫瘍ができたり、脳、精髄、神経などが梅毒に侵されて死亡します。

尖圭コンジロー

潜伏期間が3週間~8ヶ月と比較的長い潜伏期間ののち性器部分にイボを発症させます。イボの形は主に「鶏のトサカのようなイボ」、「乳頭状」、と表現される形で、大きさは大小様々なため人によって形状がかわります。性器部分以外では肛門付近にイボを形成することがあります。それと、症状が進行しても性器部分、肛門内外までで、全身にイボが転移することはありません。

性器ヘルペス

性器や肛門部に水ぶくれや潰瘍ができ、発熱をともなうこともあります。特に女性は排尿時に激しい痛みを伴います。

カンジダ症

女性の場合、ヨーグルト状の白いおりものがでる、性器部にひりひりとする掻痒感などといった分かりやすい症状を出しますが、男性の場合は症状が表れるのは少ないといわれています。男性では、性器部に水疱やただれができたり、まれに尿道炎を起します。

トリコモナス感染症

女性の場合の症状は、黄色っぽいおりものが増加したり、性器部にかゆみを覚えるようになります。特におりものに関しては、悪臭を出すときがあります。トリコモナス感染症は主に膣内で発症しますが、症状が悪化していくと、性器周辺部、子宮内にまで広がり炎症を起こしてしまいます。
男性はほとんど症状を起こさないですが、まれに尿道炎をおこします。

軟性下疳

男女ともに性器部に豆粒ぐらいのコブを形成し、痛みを伴います。コブが拡大して潰瘍になり、患部には強い痛みが表れます。初期状態のコブも軽く引っかく程度でつぶれやすいです。悪化するとつぶれた患部同士が広がり潰瘍がどんどん拡大していきます。

C型肝炎

多くの場合は、自覚症状がほとんどありません。あっても、だるい、食欲がない、尿の色が濃いなどです。肝臓は沈黙の臓器といわれていますので、重体になるまでは自覚症状をださない場合が多々あります。

B型肝炎

全身の倦怠感、食欲不振、黄疸の出現、白目の部分が黄色っぽくなる、赤っぽい排尿がでるなどの症状がでてきます。他に肝臓の腫大、背中に痛みが伴うこともまれにあります。

成人T細胞白血病

リンパ節の腫れ、肝臓、脾臓の腫れ原因不明の皮疹、のどの渇き、意識障害、不整脈などです。症状が悪化すると、日和見感染といわれる免疫力がある通常時ではかかることの無い病気を患うようになります。

雑菌性尿道炎

男性の場合、排尿時に痛み、膿が出る、尿道口や亀頭部が赤く腫れるなどがあります。女性の場合は自覚症状がないことが多いですが雑菌が膀胱まで到達して膀胱炎になることもあります。

ケジラミ症

猛烈なかゆみがします。特徴として、かゆみが出た部分に皮疹があらわれることがないということです。

いんきんたむし・白癬(はくせん)

ともかく感染部が痒い。掻いても掻いても痒いに尽きるようです。患部の見た目は、赤くぽつぽつとしたものが出来、徐々に広がっていきます。


性病一覧

STDチェッカー タイプP(男性用)
クラミジア、淋菌
HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎
上記検査項目を、一度にまとめて受けていただくタイプです。

STDチェッカー タイプP(女性用)
クラミジア、淋菌
クラミジア(のど)、淋菌(のど)
上記検査項目を、一度にまとめて受けていただくタイプです。