成人T細胞白血病

成人T細胞白血病とは、ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型(HTLV-Ⅰ)の感染により起こります。日本の感染者数は、約100万人といわれ、日本の南部、沖縄、鹿児島、宮崎、長崎各県、四国の南部に感染者が多いです。

成人T細胞白血病の症状

成人T細胞白血病の潜伏期間は極めて長く、30年~70年と長期にわたって体内に潜伏しています。症状はリンパ節の腫れ、肝臓、脾臓の腫れ原因不明の皮疹、のどの渇き、意識障害、不整脈などです。症状が悪化すると、日和見感染といわれる免疫力がある通常時ではかかることの無い病気を患うようになります。
潜伏期間が長いため、ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型を保有していても一生発症しない人もいます。発症する場合でも、40歳すぎ、60歳~70歳での発症がもっとも多くなっています。

感染経路

主な感染経路は母子感染で、母乳を通しての感染があります。性行為での感染もありますが、性行為での感染では、精液内のヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型が原因で男性から女性への感染経路のみです。他には、輸血による感染があります。

成人T細胞白血病の予防

性行為ではコンドームの使用が有効です。
母子感染を防ぐには、母乳ではなく、代替乳で育てるの効果的です。

検査方法

潜伏期間が長いため症状が出るまで血液検査に引っかからない場合があります。
自宅でできる性病検査キットはコチラのリンク先にまとめてあります。

治療方法

一般的には抗がん剤を用いた化学療法で治療します。また健康な人の造血幹細胞を移植する同種造血幹細胞移植によってATLを治療する試みが検討されています。


成人T細胞白血病

STDチェッカー タイプP(男性用)
クラミジア、淋菌
HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎
上記検査項目を、一度にまとめて受けていただくタイプです。

STDチェッカー タイプP(女性用)
クラミジア、淋菌
クラミジア(のど)、淋菌(のど)
上記検査項目を、一度にまとめて受けていただくタイプです。