性器ヘルペス

性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウィルスの感染による性病です。単純ヘルペスウィルスには、1型と2型があり、性器に症状を表すのは主に2型となっています。
性器ヘルペスは、一度感染すると神経の奥に潜伏し不活性化しています。平常時は活動をしませんが、体調の変化などによりヘルペスウィルスがあらわれて何度も再発をする病気です。神経の奥に潜んでいるため完全な治療方法が無く、外部に表れた症状を改善するだけしか出来ません。ですが、不活性時、外部に症状が表れていないときは、他者に感染させてしまう可能性はなく、再発した場合のみ感染源となります。
性器ヘルペスの感染者を性別に分けると女性のほうが感染者数が多く男女の比率で見ると1:2の割合となってます。

性器ヘルペスの症状

ヘルペスウィルスに感染してから2~10日ぐらいで症状が表れてきます。症状は、性器や肛門部に水ぶくれや潰瘍ができ、発熱をともなうこともあります。特に女性は排尿時に激しい痛みを伴います。
自己治癒だと、1ヶ月ぐらいで改善されますが、適切な治療を受ければ1週間ぐらいで症状は治まります。ですが、性器ヘルペスの完全な治療方法はなく、症状が改善しても単純ヘルペスウィルスが死滅したわけではなく、不活性化して体内に潜伏しています。
性器ヘルペスの症状は、初感染と再発で症状に違いがあります。初感染の場合は、症状は重いですが、再発の場合は軽い、あるいは無症状の時もあります。

感染経路

性器ヘルペスは性行為での感染経路が主ですが、母子感染もあります。
単純ヘルペスウィルスの感染は、粘膜と粘膜の接触による感染が原因です。キスによる感染もあります。特に性器などに水ぶくれやただれなどある場合、ヘルペスウィルスが多量に含まれています。

性器ヘルペスの予防法

単純ヘルペスウィルスには、活性時と不活性時があり、不活性時の時は感染する危険がありませんが、単純ヘルペスウィルスが活性化していても、感染者に自覚症状がない場合があり予防が難しいという状況があります。

検査方法

性器ヘルペスは目視である程度把握できますが血液検査と水泡や潰瘍からの分泌物内のウィルスを確認。
自宅でできる性病検査キットはコチラのリンク先にまとめてあります。

治療方法

性器ヘルペスは治療をしなくても2~3週間で症状が直ります。症状が強い場合は、抗ウィルス薬を飲んだり、患部に塗ったりします。再発率が高くなかなか完治しない病気です。


ヘルペス,性器ヘルペス,症状,単純ヘルペス

STDチェッカー タイプP(男性用)
クラミジア、淋菌
HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎
上記検査項目を、一度にまとめて受けていただくタイプです。

STDチェッカー タイプP(女性用)
クラミジア、淋菌
クラミジア(のど)、淋菌(のど)
上記検査項目を、一度にまとめて受けていただくタイプです。