尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルス(HPV)が感染して起こる性病です。ヒトパピローマウィルスは約90種類に分類され、尖圭コンジローマの症状を表すのは、6型と11型です。

尖圭コンジローマの症状

ヒトパピローマウイルスの潜伏期間は3週間~8ヶ月と比較的長い潜伏期間ののち性器部分にイボを発症させます。尖圭コンジローマのイボは主に「鶏のトサカのようなイボ」、「乳頭状」、と表現される形で、大きさは大小様々なため人によって形状がかわります。性器部分以外では肛門付近にも尖圭コンジローマのイボを形成することがあります。それと、症状が進行しても性器部分、肛門内外までで、全身にイボが転移することはありません。
尖圭コンジローマは性器や肛門付近にイボを形成する以外の自覚症状がなく、たまに悪化をして炎症を起こした場合に痛みやかゆみを起こすときもあります。時々、フォアダイスと勘違いされて病院に診察されることがあります。違いは、尖圭コンジローマのイボは不規則な形成をする点にあります。ちなみに、私が勘違いして診察にいきました。

感染経路

尖圭コンジローマの主な感染経路は、性的接触です。他は、母子感染がありますが、帝王切開での出産で感染は防げます。

尖圭コンジローマの予防

コンドームの使用で感染は予防できますが、尖圭コンジローマのイボの広がり具合によって完全に予防できるわけではありません。まず、見た目でわかりやすいですから、違和感がある場合は行為自体を避けましょう。

検査方法

尖圭コンジローマは視認できる場合もありますが、尖圭コンジローマのイボなどの患部を切り取って確認します。。
自宅でできる性病検査キットはコチラのリンク先にまとめてあります。

治療方法

今のところ尖圭コンジローマは完治する治療方法がなく、患部を切断する対処療法しかありません。そのため体内にHPVが残っていますので再発を繰り返す場合が多々あります。


尖圭コンジローマ,ヒトパピローマウィルス,検査,イボ

STDチェッカー タイプP(男性用)
クラミジア、淋菌
HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎
上記検査項目を、一度にまとめて受けていただくタイプです。

STDチェッカー タイプP(女性用)
クラミジア、淋菌
クラミジア(のど)、淋菌(のど)
上記検査項目を、一度にまとめて受けていただくタイプです。