フォアダイス

フォアダイスは、尖圭コンジロームと勘違いして悩む方も多くいますが、これは性病ではありません。成人男性の65%に認められる生理的な現象です。
フォアダイスは、毛根の周囲にあるはずの脂腺が毛の無い部分にも独立で存在し、皮膚・粘膜表面から脂肪の黄色い粒が透けて見える状態のことです。ペニスの茎部分や包皮の部分に多く認められ、仮性包茎の男性によく見られます。フォアダイスの直径は1~2mm前後で、ごまつぶくらいの大きさです。
しかし、フォアダイスは、亀頭にできるにきびのようなもので、病気ではありません。セックスで感染することはなく、将来ガンになることもありません。放置しても問題はありません。
治療方法
フォアダイスは病気ではありませんから治療の必要はありませんが、勃起時に目立ったりして見た目が気になるなど、コンプレックスになっているようでしたら、レーザー光線や電気焼灼で除去可能です。


フォアダイス,治療,病気

STDチェッカー タイプP(男性用)
クラミジア、淋菌
HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎
上記検査項目を、一度にまとめて受けていただくタイプです。

STDチェッカー タイプP(女性用)
クラミジア、淋菌
クラミジア(のど)、淋菌(のど)
上記検査項目を、一度にまとめて受けていただくタイプです。